スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ん?

今日はドラマを観ながら

カラー絵を描いたりしつつ

しかしあまり働いていなかったような気がします。

ひと段落した後なので休暇も必要ということで…

休む日、働く日、時間などは

自営業になってからどうとるべきかまだわからずです。

などと面白味のない話を毎回載せるのもあれなので

読んで面白かった漫画をこれからちょいちょい載せていこうかと。


学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス) コミック – 2015/2/27

棚園 正一 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4575845825


学校に行かなくなった日 単行本 – 2014/5/31

琴葉とこ (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/404729487X

両方学校に不登校になった作者が漫画家になるまでの
エッセイ漫画(でいいのかな?)

このお二人は男性女性で、不登校になる経緯も

違うわけですがどちらも”絵を描くことが大好き”

という共通点、そしてそれが希望であり克服するきっかけも絵(漫画)である

ということで是非お二つ一緒に読む事をおすすめします。

将来的に仕事になるような絵を描き続けるということは

根底にある「絵が好き」という情熱だなあと

ふつふつと思いました。

この表現する力が絵の人もいれば、音楽の人がいたり

なにか創作する人だったり、ぶつけ方も十人十色。



少し話変わりますが
ビターチェンジでいうと2巻のユウタのクラスの女子グループのお話。

一人でいるのが嫌だから合わない子でも無理に合わせて一緒にいる方がいい、

これは学生を終えて数年たった時にあの時はそうだったなぁと

(どこのシーンをは言いませんが実際に中学時代にあったことも描いています
私ではなく友達がですが…)

思いつつ描いてました。

私は漫画に”訴えたいもの”というのをあまり出せないタイプなのですが

(あまり実体験描いてしまうと鬱になって浮上できなくなりそうで…)

経験したことや感じたことが漫画に通じているのは確かかと思います。


もす。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

将良224

Author:将良224
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。